ロボット時代の本格到来

ここ数年の駆動系技術とセンサー技術の画期的な進化が小型ロボットの実用化を実現し、大手製造業の溶接ロボット、塗装ロボット等は全く違う分野で新しい役割を担うことができるようになりました。例えば、食品工場でのチョコレートの箱詰め作業や精密機械メーカーでの腕時計の組み立て作業、段ボールの梱包作業を小型ロボットが行うなどの様々な事例がでてきています。また、大手製造業での新しい役割にとどまらず、中小製造業、組み立て業、食品業等の経営者の『人手作業をロボットで代替できないか』というニーズにこたえる導入検討が積極的に進んでいます。

最近のロボット業界の大きな技術革新

日本フォーサイトロボのサービス

多くのロボットメーカー、FA機器メーカーは自社の専門特化したロボットやFA機器の提供に限られます。また通常のIT(OA)会社のサポートは情報処理システムの枠にとどまります。
株式会社日本フォーサイトロボは、マルチベンダーとしてお客様にとって最適なロボット(FA機器)をインテグレーションするとともに、IT(情報システム)と連携したICRT(ICT+Robot Technology)インテグレーションサービスを最適な形で提供・サポートします。

ミツイワロボットビジネスへの取り組み